2017年05月22日

車の入れ替えの話4(新型スイフト試乗)

次の候補車はスズキのスイフト。
2016年12月にフルモデルチェンジ。

スズキのディーラーに行ってみたのだが、実は3件のディーラーに行っている。
何故、3件もなのかは、2件目までは店員の対応が良くなかったから。

スズキディーラー1件目
試乗車 XG(1245ccガソリンのCVT)

試乗のほうはコースが街中のみなので、正直よくわからんかった。
まあ、試乗のほうはいいとして、店の接客なのだが、まず、名刺を渡さない。やたら馴れ馴れしい。
デカいグレード説明モニターの前で立ったまま説明する。
これはヨメのほうが不満を感じたようだ。
結局、見積もりももらわずに帰った。見積もりって依頼しないと作らんものなのかな?
(そういやマツダも見積もりもらってないな)

スズキディーラー2件目
自宅近く(郊外)の店。事務員らしきオバちゃんが対応。
質問したら「聞いてきます」と言って店の中に入って行った。また質問したら「わかりません」で終わった。
店の中にスーツ着た男がいたけど、名刺はおろか最後まで出てこなかった。僕たちは終始屋外。
車を売る気はないらしい。二度と行かない。多分、向こうも来てほしくないと思われる。と言うより、僕たちは一度も来店しないのに出入り禁止になっていたと思われる。
接客業をかじっているヨメは、そのありえない接客にかなりイカってた。

リベンジのためのスズキディーラー3件目
この店はこの辺で一番?大きい店。ヨメ曰く、この店でも接客が悪かったらスズキの車は絶対に買わんと言っている。
結果から言うと、営業(若い)の接客は悪くない、いや良い、が、試乗が終わり、値引きの話が出て見積もりを作る段階で名刺が出てきた。最初から名刺を出さないのがスズキディーラーのルールなのだろうか。
展示車にRSの白が置いてあったが、これがなかなかカッコイイ。写真で見るより実物のほうが映えるデザインなのだろうか。ちなみに、ヨメもカッコイイと言っていた。
しかし、試乗車はマイルドハイブリッド(グレード名は聞いていない)。
モーターが積んであるので加速とか変わると思ったが、電池に充電完了するまではエンジンだけで走るそう。なので、ある程度は参考になるのかな?と。

以下は2台試乗した総合的なインプレ

外観とか内装
外観は可もなく不可もなく、どこにでもあるようなデザインかな。(しかし、展示車のRS白はカッコイイと思った)ちなみに、1店目に青のRSが展示されていたけど、これは全然イイとは感じなかった。
後ろのドアのノブが高い位置にあるが、これはいただけない。買い物袋を持ちながらリアドアを開けて後ろの座席に入れるとき絶対不便だろう。これは。

内装、メーター類は良い。とても良い。
タコメーターがデカいのが良い。あと特筆すべきなのは、水温計がアナログ。
最近の車は暖気が終わったら青ランプが消えるものが多いが、今時アナログ水温計なのはかなりポイント高い。雰囲気作りがわかっている。スズキは。
2DINスペースがあるのも良い。デミオは全くスペースがないので、純正カーステしかはめられないのが不満だったから、これは良い。
後部座席のスペースはDJデミオより広かった。でもそこはオレにとって別に重要じゃないところかな。
後ろの荷台は、さすがにコンパネを積むのは無理っぽい。まあ、これは仕方ないだろう。DWデミオが素晴らしいだけなのだろうから。

ポジション
シートは良い。が、ケツが下がるのは個人的にはイヤなので、たしかこれは調整できたはず。
シートに座った時の目線はDWデミオと同じくらい。ここは良くないわけじゃないけど、DJデミオに比べると高い。
チルトステアリングのハンドルを一番下まで下げても少し高い。
ドラポジに関しては、ここはDWデミオと同じ感覚に近い感じで悪くはないけど、DJデミオが感動的だった分、悪くはないけど良くもない感じ。
DJデミオはドラポジが秀逸って言うか、感動的だったので、それを比べてしまい、スイフトはイマイチ感があった。

エンジン性能
正直、1店目に乗ったXGは街中だけだったのでよくわからなかった。なので、ここではマイルドハイブリッドの印象。
ちょっとアクセルを踏んでもあまり加速しない感じはあるけど、ある程度踏めばそれなりに加速した。
3人乗って、RSより30kg重いのにこれだけ走れば、もしかしたらRSのMTを買ったとしても、オレのいつも通りの使い方なら不満はないのか?と思う。
ただ、ガソリンは空に近かったので満タン状態ではどのくらい変わるのかはワカラン。
やはり車重が軽いのが強みなのかと思う。でもやっぱ、1500ccのDWデミオのほうがエンジンの馬力がある感じだと思う。

車体・足回り
よくわからないが、キビキビ曲がる感じはわかった。
乗り心地は、ある程度硬めだが悪くない。高速道路も安定してると、営業は言っていた。
ブレーキもカックンブレーキでなく、踏んだ分だけ効く感じ。

その他
まず、買うならRSの白に限る。
オプションの安全装備に対人が付いているのは良い。でもそれ以外は、イマイチ、かな。DJデミオの斜め後ろ警報とかのほうが魅力的に感じる。
車重が軽いのは良いけど、ほかの候補に比べて排気量が低いのと5MTしか選べないのが残念なところか。
とは言え、実はDJデミオで1.3Lと言ってるのが1295ccで、スイフトの1.2Lと言ってるのが1242cc。実際には53ccの違いしかないということになる。
これで車重はスイフトRSが870kgで、DJデミオ13Sが1020Kg。スイフトのほうが排気量は53cc少ないけど、車重が150kgも軽い。パワーウエイトレシオは見てないけど、軽さを活かした走りとしてスイフトのほうが面白そうな気がする。
スイフトとDJデミオとは明らかに違う方向性の車で、DJデミオが「しっとり」でスイフトは「カチカチ」って感じか?と。



posted by たおぞ〜 at 23:06| 新潟 | Comment(0) | 素晴らしき愛車たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする