2014年03月21日

CD90レストア0(はじめに)

CD90のレストアやります。
っていうか、もうすでに始めています。

いじり壊してしまったCD90改め105。
行くとこまで行ってやるということで、NS-1の足周りを入れて前後ディスクブレーキ化した。

それによってノーマルの前後ドラムに比べて、ブレーキの効きは上がった。

ところまでは良かったんだけど・・・。


やってみて解った事は、NS-1の足周りはCDにはオーバースペックだったということ。

まず、重い。やっぱりバネ下重量は軽い方が良い。
タイヤのグリップに安心感が出るので、荒く振り回しがちになる。
そうなると、以外に負荷がかかるようで、自作のスイングアームの強度が心配になる。

ちなみに、自作のスイングアームは2本目。
3本目を作るとか、今のに補強を入れるとか、
なんとかしないと、なんか怖くて安心して乗れない。

また作るの?えー?

まー、要するに、その辺の情熱が薄れてしまった、かな。


自分の中では、やっぱ純正が一番というのが結論。

何がって、メーカー純正ノーマルはバランスが良く、安心して乗れる。
自作パーツの剛性や耐久性とかも不安があるし。

でもそれを言ったら、社外パーツの耐久性も疑問。
もちろん全てではない。

当然、耐久性重視の社外パーツもある。
まぁ、要は適材適所かな。

という事で、CDはノーマルに戻すことにした。
但し、フルノーマルではなく、適材適所。

エンジンは、今まで通り105ccで。
その他、必要に応じて社外部品を使うことにした。

まあ、そういうことで。



posted by たおぞ〜 at 22:19| 新潟 ☁| Comment(0) | バイクいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: