2014年03月29日

CD90のレストア2(塗装恐怖症)

わはは・・・。

前回にサビ取りをして、その後に塗装するというのは前に書いた通り。
その工程というのが

塗装剥がし
 ↓
サビ取り
 ↓
プラサフ塗布
 ↓
黒(ラッカー)
 ↓
ウレタンクリアー

となるのだが・・・。

塗装の環境が良くない事や技術の問題もあって、なかなか思うように行かない。
要するに、仕上がりが悪い。

ウレタンクリアーを吹いて終わりのはずが、
埃とかがついたり、ユズ肌とか、まー上手いこと行かないんだな。

埃とか付いたら耐水ペーパーで磨いて、
2回目のウレタンクリアーを仕上げで吹くと、
今度はチヂミが出る。

さすがに今回は、オレのいつもの「まあ、しようがない」とはならないんだよな。

前のNS−1の足周りとかの時は、ウレタンの黒を吹いて終わりだった。
だから、今回のようなチヂミが出ることはなかったんだよ。

そういうものかもしれないけど、2回目のウレタンクリアーを吹くと出る。

まあ、これは1回で仕上げろということか。

あと、ウレタンクリアーで白い粉が出てザラザラに仕上がってしまったこともあったな。

いろいろ調べると、シンナーが足りなかった?とか心当りは、確かにある。

んで、その時のウレタンクリアーにはシンナーをいれていなかったので、それか?とか。


実は、オレの使ってるシンナーって、普通のラッカーシンナーなんだけどね。
だって、ラッカーシンナーでイケるって情報もあったし。
現に、今までは大丈夫だったんだな。これがまた。

何かの条件が変わって不具合が発生したのではないか?と思うのだが。
どうなのだろう。

チヂミの件もラッカーシンナーが原因なのかもワカランし。


まあ、どうであれ失敗したわけだな。全ては自己責任。
必要な金をケチったり、手間を惜しんだりするとこうなるのは解ってたはずなのだが。
全ては貧乏が悪いのである。貧乏は罪なのである。


さて、ではどうするか。

塗ったのをまた剥がして初めからやり直すか?妥協してこのままいく?
でも塗り直しは辛すぎるよね。

二度手間の労力もだけど、精神的にクルよ。心が折れそうだ。辛すぎ。

目立たない部品はこのままで、目立つ部品を塗り直すのが現実的かな?

そうなると今度は、シンナーとかそれ用のを買わんとならないし。
実は、ウレタンクリアーももう無くなりそうなのよ。
あとウレタン剥す強力な剥離剤も無いし。

ざっと見積もって一万円以上。
現実ってのは過酷だね。



posted by たおぞ〜 at 23:52| 新潟 | Comment(2) | バイクいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めましてカブで検索していたら辿り着きました
私も95年製カブを貰ったのですがサビサビで
色々参考にさせて頂きます
Posted by 通りすがり at 2014年09月26日 22:00
通りすがりさま、いらっしゃいませ。
こんな辺鄙なところにようこそ。

カブはボロくてナンボと息巻いていた時期もありましたが、
やっぱり、キレイなカブの方が良いですよね。
頑張ってサビを落としてください。
Posted by たおそう at 2014年09月27日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: