2015年07月14日

スーパーカブ50 役所編2

前回のつづきです。

意気揚々と、いや別に普通に役所に行ったオレ。

窓口のオバハンは一年前とは違う人のようだ。顔覚えていないけど。

廃車の書類を出して登録したい旨を伝える。

オバハン、微妙な表情。

「譲渡か廃棄以外ではナンバーつけたままじゃなきゃダメなんですよ」

まー、予想通りの対応である。

「いやー、譲渡するつもりだったんですけど、話が流れちゃって」とオレ。

今回は105ccから50ccへの排気量ダウンの手続きも兼ねてるので、用意周到に載せ換え前のエンジンと載せ換え中の写真、ついでにシリンダーの49ccの表示の写真をプリントアウトしたものを事前に用意、提出した。

ここでなんだかおかしな流れに。

オバハン、上司と思われるオッサンに相談し始めた。

オッサンって言っても、多分、オレと同じくらいの年代だろう。
まぁ、オレもオッサンと言われる年代なので。

オッサン、オバハンと同じことを言い出すので同じく説明するが、監査が厳しいとか言い出して、やれ無改造で二種登録とかやる人が多いとか・・・。

そんなの税金多く払うんだから役所的には良い事じゃねーかよとか思ったが、「ああー、そうなんですか」とか相槌を打ちつつ、なんだか面倒な流れだなーと、オレ。

今回はボアダウンで税金が下がる処理なので疑われてる、のか?

結局、その50エンジンが書類のフレームに載ってる証明のためフレームナンバーの写真が欲しいと言われた。

大体にしてな、過去にそのフレームナンバーで登録されている事実があるだけで、そのフレームに105ccが積まれてるのか、50ccが積まれてるのか、それの証明ならフレームナンバーの写真なんかあっても、その根拠にはならないんでないの?

とは言え、なるべく話をこじらせたくないので、家に帰って写真を用意することにした。


さて、自宅のバイク小屋。

フレームナンバーを撮影しようと探すも、無い。アレ?無い??

おかしいなー、なんて思いながらよく見ると、
フレームナンバー部分が錆びてほとんど見えなくなっているんだよ。

こ、これは、困ったぞー。

つづく



posted by たおぞ〜 at 23:59| 新潟 ☁| Comment(0) | バイクいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: