2015年07月22日

またっ?! 塗装恐怖症だっ!

NSR250のタンクです。

前回、ラッカーでの赤白のツートンを塗って、今回、ウレタンクリアーを塗ったわけなのだが・・・。

まぁ、ワタクシはヘタクソなので。

結論から言うと、ウイングマークのステッカーが伸びた。

まず、MC18(88)のステッカーは廃盤なので社外品を探すしかないんだよね。
で、88のはオールドウイングステッカーとか言うタイプらしくて、黄色っぽいウイングマークであまり出回っていないのだよ。これがまた。
社外品を探すとやたらデカかったり、ちょうど良いサイズは左右で4000円くらいしたり、まあ、なんだ、困ってしまっていたわけだ。

ちなみに、このNSRがオレの手に渡ってきたときには、89のタンクが載っていた。

MC18の赤白ツートンといっても、88と89ではツートンのラインの位置が違うので、こんなことになるのなら89の位置で塗って89のステッカーを貼れば良かったと悔いたのだが、時すでに遅かったわけだな。

結局、どうしようと悩んだ結果、オールドタイプはやめて、他のタイプにすることにした。


他のと言っても、あまりに奇抜な仕上がりになるのはイヤなので、純正であるようなイメージに仕上がるよう普通に違和感なく純正っぽい雰囲気であると思われるのを探した。

で、選んだのが、純正部品での赤シルバーの車種不明のやつ。

ネットの情報では、クリアーかけたら安物のステッカーは溶けるとか、純正は大丈夫とか、いろいろ書かれていたので純正のステッカーを選んだわけなんだけど・・・。

伸びてしまったのだよ。これが。

150722003 (1).jpg

うーん。伸びてしまったのは戻らないし、困ってもどうなるわけでもないんだけど・・・。

困った。

でも、また剥いでやり直しなんてイヤだし。うーん。

ベース色にステッカーを貼ったまではキレイに出来て、まんざらでもなかったんだけどねぇ。


とりあえず。
今回の反省をメモっておく。


悪かったところ

○ステッカーが伸びた
 これはウレタンクリアーを塗ってしばらくして気が付いてみたら伸びていたので、塗料の溶剤が原因でないかと思う。多分。
一応、砂吹きをしてから本塗りしたつもりだったんだけど、砂吹きの厚みが足りなかったのか?
理想とするイメージでは、しっかり砂吹きをして完全硬化を待ってから本塗りすることだったんだけど。
でもそんなこと言ったら、砂吹きから本塗りまで2週間も間を置かないと今度はチヂミが出る?かもしれないし、仮に外注に出したらそんなに時間かけないで仕上げてくるだろうし。
やっぱ、オレの知識不足&ヘタクソなんだろな。

○埃がつく
 これは、、、前は小屋の中を掃除して、出入り口とか窓を締め切って塗装してもダメだった。今回は開放してやってみたんだけど、やっぱダメだなー。
打ち水とかも有効らしいけど、小屋の中に水なんか撒きたくないし。
いっそのこと、屋外でやったほうが良いのか?
理想はペイントブースなんだろうけど。

○白い粉をがふいた(少しだけど・・・)
 シンナーの希釈が足りなかったか? 結構、多く入れたつもりだったし、粘度もかなり水っぽかったんだけど・・・。


良かったところ

無い・・・。


と言うわけで、まだまだヘタクソ。
これも経験だと考えてめげずにやるしかないなー。


一応、記念の一枚

150722003 (2).jpg



ああ、困った。



posted by たおぞ〜 at 19:57| 新潟 ☁| Comment(0) | バイクいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: