2015年07月26日

NSRのタンクを取り付けた

さて、NSR250Rでございます。

タンクを載せて一応の形にはなりましたよ。

ひとつやっちまったのが、シートカウルを取り付けるときに、タンクにちょと「ガリっ」とやっちまったこと。
あまり深くないが、ウレタンクリアーを削るくらいには逝ったかな。
これをどうするかは後で考えることにする。

ステッカーの不具合は、指で押さえると少し張り付いた感じで、まあ、少し状態は良くなったような気がする。
次回、ちょっと開いてる隙間にクリアーを流し込めばだいぶ目立たなくなるように思えるので、今回はこんな感じで。

まー、それはそうとして、ガソリンを入れるときにちょっと溢してしまった。が、さすがウレタン塗装、普通だったな。何気に感動した出来事であった。

これでバッテリーを取り付ければエンジンをかけれる状態になったわけだ。今までは空缶の点滴タンクで減ったら足してを繰り返していたけど、これで普通になった。

あとはアッパーカウルのヒビを直す作業が残ってるけど、これはアッパーカウルを直してフルカウルにするか、またはいっそのことネイキッド仕様にするか、まだ決まっていない。

ABS樹脂の補修は面倒らしいので、どうやって直すかは考え中である。

ネイキッド仕様にするなら、アップハンのジムカ仕様っぽくするか、セパハンのままにするか、コレも悩みますな。

とりあえずこれで走れるようにはなった。
あとはナンバー取って自賠責、任意保険に加入すればオッケーである。

がしかし、毎度毎度でアレなのだが、自賠責、任意保険が最初で最後の最大の障壁だったりするのだな。
マタカヨって感じですな。



posted by たおぞ〜 at 23:08| 新潟 ☀| Comment(0) | バイクいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: