2014年01月04日

自分の仕事の価値は?その3

さて、お客様満足度の向上。

その理容師の彼は、お客様の満足を考えて仕事をしているのだろうか。
まあ、オレの目には、してないように見えるのだがね。

なんでだろう?

現状に不満?
頑張っても頑張らなくても同じだから?
これ以上は割に合わない?
仕事に遣り甲斐が無い?
それとも、これで精一杯?

彼は、客からそう思われるかも?とは考えないのだろうか。


と言うことを、自分に当てはめて考えてしまう。

今の現状は不満
頑張っても頑張らなくても同じ
割に合わない

全くその通り。

そりゃあ、いろいろ考える。
考えない方が楽なのは解ってるけど、考えずにはいられない。

でもオレは、お客様満足度なんて考えて仕事をしたことはないけどね。

お客様に満足してもらうより、自分が満足?納得できるかどうかを考えてしまう。

自分の仕事に満足ができないようでは、
お客様にも満足していただけるわけがない、と考えるから。

何故なら、オレ(達)の仕事って表に出ない裏方仕事だから。
まー、いわゆるメンテナンス職。表には出てこない仕事。
出来て当たり前。出来なきゃ故障。最悪の場合、事故。

頑張ったら損とか、割に合わないとか、
腐って損するのは自分。

やらされてるわけじゃない。
オレには目的がある。
仕事の価値は自分で決めてやる。

ぬるま湯に浸かってヌクヌクしてるヤツらには絶対に負けない。
この部署を職場内で一番の技術レベルに向上させてやる。
もっと仕事を覚えたいなら出向すれば?と言えるように。

反骨精神だけがオレの原動力だ。

それは自分のため。
そして、一緒に出向している若い衆のため。
誰にも文句言わせないように。
胸を張って生きれるように。

そんな事を考えての仕事は、物凄く楽しく、遣り甲斐を感じるわけさ。
だから当然、大事なのは金じゃない。
大事なのは、自分の仕事に誇りを持てるのかどうか、である。

その後は周りが決めること。
それは床屋と同じ。
このオレを周りはどう見るか。どう評価するか。

いずれ出向期間は終わる。
その時、自分は何を得ているのか?

なんだかんだ言っても、自分はしあわせ者だと思う。



posted by たおぞ〜 at 11:05| 新潟 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

自分の仕事の価値は?その2

さて、続きです。

前回は、新しい理容師に当たった、というところまで。

まあ、いつも通り椅子に座って、いつも通り注文をした。

オレの場合、各部の明確な希望はなくて、
ここをこうして以外は、大まかにこう、適当に、みたいな。

とは言っても、この「適当」は、本来の意味での「適当」のこと。
だから俗に言う、いい加減な「適当」では困る。

その「適当」っていうのは、
ここがこの長さなら、ここはこのくらいの長さ、みたいな。
そういったプロの持っているバランス感覚にお任せしますよ、ってこと。

しかし、実際に切ってもらって、
髪の長さのバランスは「ん?」って感じ。

そりゃあ、「これでいいですか?」と聞かれるけど、
オレもこだわってないし、面倒なので「はい」となる。

シャンプーは、「アレ?もう終わり?」って感じ。
これは「これでいいですか?」とは聞かれない。

でも「アレ?いつもと違うぞ?」となる。

顔剃りもカンタン。

オレは皮膚が弱いらしく、あんまり深剃りされると困るので、
いつもは、軽くでお願いしてるんだけど、何故か今回は何も言わなかった。

結果、簡単に終わって良かったんだけど、
なんか、いつもより手抜きだナー、みたいな。

まあ、別に死なないし、どこかで恥をかくほどでもないし、
これで良いって言えば、良いんだけどさ。

でも、いつもよりも、お客様満足度は低下してしまった、わけだな。

まー、オレは別に良いんだよ、オレはね。

高い金を払えば、そりゃあ、良いサービスを受けて当然。
安いから、安かろう悪かろうも当然。

ウチのヨメが言うんだよ。
あそこのパン屋は美味しい、とか、あそこのお店の料理は美味しい、とか。

でもオレに言わせりゃ、高ければ美味くて当然だろ?、と。

「安くて美味い」そこからお客様満足度の向上に繋がるのではないかな。

まだ続く



posted by たおぞ〜 at 23:59| 新潟 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の仕事の価値は?その1

床屋に行ってきた。

オレは安い店にしか行かない。
金額にして2000円弱くらいの店。
この料金で、カット、シャンプー、顔剃りをしてもらえる。

普通の?理容組合に加入している店は4000円くらい。
横並びの料金設定で利益を守るわけですな。

もちろんその店は組合に入っていない。
だから同じようなサービスでも安い。

安い割には、まあ、そこそこ。決して悪くない。
むしろ値段から見れば良いと思う。

で、そういった床屋は2、3人の理容師が働いていて、
前の客が終わって、待っていた客が順番でやってもらうシステム。

要するに、指名とかそういうのは無い。
どの理容師に切ってもらうかは選べないわけ。
でも安いわりに良い仕事をしていると思う。

人それぞれだろうが、
2千円のこっちと4千円のあっちを比べたら、
オレはこっちのほうが割安だと思う。
結果、満足度も高いと思うので、この店に通ってる。


今日、その店に行ったら、初めて見る理容師がいた。
まあ、入れ替わり?入れ替え?もしかしたら、移動みたいのがあるのかもしれない。

何かっていうと、今回は、その新しい人に当たったっていうこと。

長くなりそうなので、続きは次回で。



posted by たおぞ〜 at 01:32| 新潟 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

意識をもってやる、ということ

ありがちな日常の風景ではあるけど、

先日、通勤時に、

オレは、信号待ちをしていた。先頭でね。

信号が青になり発進。

何げにルームミラーを見ると、
オレの車の後ろには後続車が着いていない。

アレ?と思っていたら、
オレの後ろの車はまだ発進していないのである。

そこでちょっと不安感が。

もしかしてオレ、信号無視したか?
事故にならなくて良かった?

でもルームミラーに映る信号は青。

ということは、オレが信号無視をしたわけではなく、
オレの後ろの車が信号が青になったことに気が付かなかったということか。

ここでちょっと安心した。

何気ないありがちな日常の風景であり出来事だけど、
ちょっと考えると複雑な気もしてくる。

ではこれのなにが問題かって言うと、

オレは「信号が青」ということを「確認」してない事。

無意識に青信号で発進していたという事。

これって実は危ないな、と思った。


仕事でも言える。

コレ、本当にやったか?絶対か?確実か?

当たり前のことを当たり前にやる。

当然なんだけど、当たり前すぎて、普通すぎて、
そこに意識が入っていないというか、薄い。

自分はプロだっていう意識はある。当然。
プロは、高い意識をもって業務を遂行しなければならない。

それが「やる気」であり「自信」であり、
「自分の仕事の誇り」なのではなかろうか。

ありがちな日常ではあるが考えさせられた出来事であった。



posted by たおぞ〜 at 00:06| 新潟 ☀| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

偽善の心

節約しなければならない立場なのに、
何故かコンビニで買い物する事がよくある。

主に、タバコとジュース、缶コーヒー類、
あとパンとか菓子。

さすがにカップラーメンとか弁当は買わない。
なんか割高だから。あとやっぱ美味しくない。

タバコは良いとして、缶コーヒーなんか
スーパーで90円くらいで売ってるのに
なんでわざわざ高い店で買うのかと不思議すぎる。


まあ、それはそうとして、
今回書きたいのはそう言う事じゃないんだよ。

実は、オレ、店で買い物して、

「ありがとうございました」と言われたら

オレも「ありがとうございます」と言うことにしてるんだ。

まあ、5年くらい前からかな。


最近、よく感じるのは、

レジに商品出して、金出して、店員が商品を袋に詰めて渡す。

ここで「ありがとうございました」じゃね?普通は。

がしかし、

オレが横向いて歩き出すタイミングで

「ありがとうございました」になるんだよ。

ここ1〜2年はなんかそんな感じに思えるんだよなー。

袋を渡す時に「ありがとうございました」なら

オレも「ありがとうございます」と言えるんだけどな。

売る側がありがたく感じてないのに
買う側のオレがありがたがるのは、違うんじゃないかと。

まあ、別に良いんだけどさ。


オレがその店で買う自由があれば、買わない自由があるように、
店側にも売る自由と売らない自由があるわけなのさ。

そこでね、
買いたい、売りたい、という意志が合致した時、
お互いに感謝しあうのはおかしい事ではない、と思うわけ。オレはね。


あと、世の中にはいろいろな立場の人がいますね。

オレが会社で仕事をして、その賃金で物を買うわけだけど、
アルバイトの店員さんもその賃金で物を買ったりするでしょ、

まー、なんて言うか表現に困るけど、
そうやって世の中は回ってるわけだよ。

ならね、そこでお互いに感謝の心があってしかるべき。

オレはそう思うわけ感じるわけね。オレの中では。

なんか違うかもしれないけど、
オレがそう思って、そう行動するのは勝手だよね。

まー、変人の客が来たって思われてるかもしれないけど。


それにしても、普段から荒んだことを言ってる人間が
感謝の心とか無償の愛とか言うのはおかしいよ。実際。

そう。
オレはひねくれた人間だからさ、こう言うのを偽善と言うんだな。

まー、どうでも良いことさ。





posted by たおぞ〜 at 00:00| 新潟 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

ぶち込み行為は万死に値する


「ぶち込み」

または

「ぶち込む」


と表現される事が多い。(いわゆる五段階活用ですな)


我が家では禁止になっている行為である。


「ぶち込み」とは

キッチンのシンクに大物の洗い物、

鍋・フライパン・ボウル等を「ぶち込み」放置する。

当然、シンクは洗い物で山となり、非常に見栄えも悪い。

さらには、食器類を洗う気力も無くなってしまう。

そして、意を決して洗おうにも、非常に取り回しが悪く、

結果、洗い物の効率が落ち、非常に不愉快極まりないのである。


その他にも、ぶち込み行為として、

ゴミ分別の際に、分別以外のゴミを捨てる事も意味している。

例えば、生ゴミにプラスチック類のゴミを混ぜる等、

その他、ゴミ捨てに関する事も含まれる。


これらは人として、モラル、ルールに反する行為である。



仮に、プラスチック類のゴミの中に、

お総菜等のパックをそのまま捨てると、

プラゴミであるパックに生ゴミが付着している事になる。

オレは、お総菜等のパックを捨てる時は、
一度、付着した生ゴミを水に流してから捨てるようにと
家族全員に呼びかけている。

しかし、なかなか浸透しなく、困っている。


太郎は比較的、良い・・、部分もある。

花子はダメ。

ヨメは最近はだいぶ改善されてきたようだが、
以前は正に極悪非道というほどの状態だった。


ゴミ処理場では、収集したプラゴミの分別を職員が行っている(はず)

その時に、生ゴミでグチャグチャしたパックが入っていたら?


こういった見えないところを想像する事、
知らない人の苦労を思いやる事が出来ないのは、

人として、そして日本人として、

非常に恥ずかしいとオレは考えるのであった。





posted by たおぞ〜 at 11:05| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

パチンコやろうぜ!

さて、パチンコ。
俗に言う、「朝鮮玉入れ」ですな。

オレの住んでる県は、朝鮮人が多いのか、
パチンコ屋かかなり多いらしい。

「らしい」と書いたものの、他県に比べて明らかに多いだろう。

テレビでもパチンコ屋のCMがバンバン流れてる。
それもゴールデンタイムの時間帯に。

オレはパチンコっていったら羽モノオンリーなんよ。
あのハネが開いて玉が入って、Vゾーンに入賞したときの、あの興奮。

オレがパチンコを始めたのが高校生の時。(まあ時効だな)
それから20代半ばまでやってた。(過去形)

さすがに勝てないし(当たり前)
そもそも金なんて無いし、やっても金無くなるし(当たり前×2)

さすがに止めたよ。
みすみす損するの解ってやるもんじゃないし、
朝鮮人に金を流すのは、どう考えても面白くない。

オレの親がパチンコ行ってるのをみても
「バカじゃねーの?金が勿体ない」とか思ってた。

で、10年以上やってなかったんだけど、
最近、また始めてしまった。

何故か?
理由は、今の会社に転職してから、職場内のパチンコ人口の高さ。

もちろん、パチンコしない人もいるけどさ。

あと、ヨメが会社からストレス持って帰ってきたとき
ストレス発散のためにパチンコしたいっていうんだよな。

パチンコってのはさ、勝てばストレス発散にもなるけど、負ければストレス増大なんだよな。
そこんとこ忘れんなよ?っていってるんだけどさ。

まあ、それはそうとして、
最近って、一玉1円の「イチパチ」ってのがあるんだよね。
普通は一玉4円ね。

1円パチンコは勝っても4分の1、負けても4分の1
と言うことは、4倍遊べるってわけだね。
オレみたいな金は欲しいけど金は出したくない
純粋に羽モノのパチンコで遊びたいっていう人間には結構イイかも。

でもこれがパチンコはパチンコ屋ってものなのかわからんけど、
家庭用ゲーム機でパチンコソフトで遊んでも全く面白くもなんともないんだな。
これがまた。

金がかかっているから面白い、要するにギャンブルなワケだ。

ということで、パチンコ屋は

ルールを作った。

ヨメ一人では行かない  ← パチンコ依存症になるから
予算は1000円まで  ← 昔痛い目にあってるから
4円パチンコはやらない ← 負けが込むから

で、ヨメと10年ぶりくらいになるパチンコをやりに行った。
もちろん、やるのは1円パチンコだけなんだけど、
これがなかなか遊べる。

初めての店とか初心者は勝てるという
不思議とも不思議じゃ無いとも言えるジンクスがあるが
何故か、勝ててしまっていた。

お気に入りは、「たぬ吉くん」ね。
1000円入れれば、何故かVが来て大体勝ててた。
勝てると言っても、平均2〜3000円くらいだけど。

勝ちは少なくても、羽モノで遊ぶという目的は達成できてるし。

まあまあ、いや、結構、かなり、そうとう楽しい。

オレも最初はヨメと一緒の時しか行かないっていうルールがあったんだけど
気がついたら、オレの平日休みに一人で行くようになってしまっていた。

やっぱ、パチンコは依存症になるわ。
もちろん頭の中は、パチンコの音楽がエンドレスだ。

んで、オレとヨメが一緒の休みの日は、
ヨメと二人でパチンコ屋に行く事が増えてきたワケなんだけど

最初のうちは勝っていても、毎回勝てるワケではないし、
勝てなくても、残った玉を景品に換えて収支トントンとか。

その次に行った時は、2000円入れてもダメだった。
そこで止めて、おとなしく帰ったけど。

実はオレ、酒を飲むと帰りにパチンコがやりたくなってくるんだよ。
で、先日、会社の飲み会の帰りに時間が空いたので一人でパチンコ屋に行ってしまった。

場所は某駅前。

1円パチンコがあれば良いな〜って思っていたんだけど、

さすが駅前という立地条件、1円パチンコなんて無い。
無い。無い。一台も無い。

でも、たぬ吉くんはあった。
1玉4円のヤツ。

少し時間を潰したかったし、
買ったら4倍だから、ちょっとやってみた。
逆に言えば、負けても4倍なんだけど。

500円入れて、えっ?これっぽっちか?

というくらいしか玉が出てこない。

いやあ、4円パチンコはスリルあるね。
胸がドキドキしてしまったよ。

しかし、負けてしまった。

でもさ、パチンコ屋って不思議なもので
パチンコ屋の中ではサイフの中の金がタダの紙切れになるのが怖いな。

オレのサイフの中身なんてタカが知れてるし、
もちろん、その日は有り金全部は使わなかったけど。

1000円だって貧乏なワタクシメには大金だよ。

まあ、実際のところ、もう懲りたわ。
もうパチンコは止めた。

その後、何故かヨメもパチンコ行きたいとは言わなくなった。

彼女に何があったのだろうか・・・。


posted by たおぞ〜 at 01:38| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

転職して10ヶ月

転職して約10ヶ月経って思う。
もしかして、自分はハングリー精神が無くなってきているのではないのだろうか、と。

もちろん、このまま現状維持で良いとは思っているわけはないし、自己の向上は常に意識しているつもりではある。

今の会社は、社員の教育に熱心で、社員研修のための研修センターもあり、教育システムが完備されている。

しかし、良く考えてみると、この会社の教育システムは、この会社の中「だけ」の能力向上システムなのではないのか?と考えさせられる。

それで当然なのかもしれないが、やはり何か腑に落ちないというか、面白くない気がする。
なにか洗脳されてるというか、中途で入った自分には、今までの経験を会社の教育で上塗りされてしまいそうな、そんな感さえある。

しかし、これからこの会社で働いていくには、この会社の教育を受けるのは仕事をする上でも必要なのだろう。
洗脳されていると感じても、それは仕方のない事と納得するしかないのかもしれない。

posted by たおぞ〜 at 12:22| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

仕事と自分と人生と その2

仕事と自分と人生と その1
http://bokonet.seesaa.net/article/89812671.html
からの続きです。


安定とか安泰を求めるなら良い転職先ではある。

まあ、50年後、100年後はわからないが。
それを言うと、今後の日本経済がどうなるのか、
という話になるのわけで。

まあ、それはともかくとしても、

結論としては「安心」が欲しかったオレの目的は達成できるわけだ。

でもね、オレ、最近思うんだけど、

「安定」とか「安泰」、「安心して働ける」という要素は、
「頑張る」とか「ハングリー精神」とか、

仕事に対しての前向きさに対して、
対極に位置する要素なのではないかな?と思う。

いや、すごい極論だし、はぁ?何言ってんだ?と思うかもしれないけど。

現職は社員を不安喚起して動かそうという会社だった。

なので、危機感とかは人よりもやたら強いのかもしれない。


まあ多分、オレは、出世欲とかが特に強いわけでもない。

普通に仕事をして、普通に生活できる賃金なら文句は無いわけで。


でも実は、自分の中に「仕事人間」の部分も、、ある。

自分が仕事人間になるかならないか、

イヤ、なれるかなれないか。

頑張って結果が出たなら、評価して欲しいし、
賃金にも反映させて欲しい。

自分の場合は、他人から「認められたい」という気持ちが強いようだ。

少なくとも、まるきり見返りが無いのに仕事人間モードになるほど単純な男でもない。

と言っても、別に法外な賃金や待遇を要求しているわけでもないんだよ。

「人並み」で納得してしまう男だよ。オレは。

そして、自分では仕事人間になりたいと思っている。

どうせ働くなら、楽しく明るく、世のため人のため、
そして自分のため家族のために、気持ちよく働きたいものだ。

要は、その会社を、そして自分を「好き」になれるかなれないか、

それに尽きると思う。

さあ、次の会社はどんなだろう。

オレは、その気になったら人並み以上に頑張るよ。
posted by たおぞ〜 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

仕事と自分と人生と その1

退職日まで、あと半月。
有給消化に入る日までは、あと3日の出勤である。

この会社で仕事が出来るのも、あと3日しかないのかと考えると、
非常に名残惜しく、そして残念な気持ちになる。

先日、会社で事務の女の人と雑談をしていた時のこと。

大きい会社と小さい会社、どちらで働きたい?

という話になった。

オレは、

安定した大企業で、充実した福利厚生と
当社規定のお給料が貰える大企業がいいな。

でも、小さい会社でも、人並みのお給料が貰えて、
アットホームで、クビとかの心配がないなら、それも良いよ。

と答えたオレであった。

ん?オレって、結局、「安心したい」だけなのか?

そう考えたら、4月からの転職先の企業は最高である。

一生安泰。

なんて魅力的な響きだろう。

でもね?これで本当に良いのか?という気持ちもあるような、ないような。

その感覚は自分でも不思議なのだが、
今の心境としては、その魅力的な言葉の響きが、
どうもいまいちピンとこない感じである。

あれほど将来に不安を感じて、もっと安定した大企業で働きたい

※安定と書いて、「安く定まる」と読むが、
 多くの大企業は、中小零細企業に比べて「高定」している場合が多い

と考えていて、そして、その希望の企業に内定を頂いた、
という事は、当然、現職を退職してその企業に入社することになる。

その時、初めて現職にどれだけ慣れ親しみ、
そして依存していたか思い知る事になった。

今の会社を辞める事がどうも考えにくく、
かと言って、もちろん内定を辞退することはありえないし。

そして、もうこの流れは止める事はできない。

もう、なるようになるしかならないのだ。

ホントは大喜びの幸せの絶頂の中で、
4月の入社を心待ちにしていてもおかしくない頃なのに。

そんな心境だからなのか、考えた。


次回
http://bokonet.seesaa.net/article/89814642.html
に続きます。
posted by たおぞ〜 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

次のケータイは 2

次のケータイは 1
http://bokonet.seesaa.net/article/83232653.html
からの続きです。

さて、新しいケータイが欲しいわけだが。
どうやって機種を選ぶか。

まず希望は、多機能な機種が欲しい。
なので、最近の携帯電話は魅力的。
でも、そういうのは値段が高い。

実際のところ、多機能でも、使わない機能が多くなると思う。
でも、多機能が好き。
所有感を満たしたい?みたいな、そんな感じ。
結局、機能と予算との妥協点を探す事になるわけ。

で、オレの欲しい機能は、ミュージックプレーヤーとナビゲーションとお財布ケータイ。
あとは、電話ができて、メール(文章)ができればオッケー。

その中でも、文章打ちは重要。
オレの場合、パソコンに向うより、携帯電話で文章作ってパソコンにメールで送って使うのが多いから。
出先でも、家でも、パソコンの前に張り付いてなくても良いから携帯は便利。

ワンセグがいらないだけで、お安く収まりそうだけど。

がしかし、世の中そんな
に甘くないのである。

まず、現在発売中の東芝機の候補が、

スライドタイプ→920T、911T

パカパカタイプ→912T、815T、814T

スライドタイプはデザイン的に好みでないし、
ポケットに入れて持ち歩く事が多いので、傷ついたり誤作動とか、
いろいろな理由で却下。
バッグに入れて持ち歩く人なんか良さそうだけど。

残るはパカパカタイプの912T、815T、814Tになるのだが、815Tは814Tの派手バージョン(多分)。

これは、オレには派手すぎて却下。

さらに残るは、912Tと814Tになる。

で、安いのは814T。
これは、新スーパーボーナス分割で、月々300円の2年払いで7200円。
ポイントが8000円分貯まっているので、実質タダ。

おー、タダ。すごいじゃん!

じゃあ、これにすれば?って、
実は、これは欲しくない。

なんでかっ!?

ナビゲーションが付いてないのよ…。

ミュージックプレーヤーもお財布ケータイも付いているのに、ナビだけが付いてない。
8シリーズも前モデルまでは付いていたのにね。

ナビが付いていたら迷わず814Tに決まりだったのに。

ちょう残念!


次。912T。

912Tは、ワンセグにミュージックプレーヤーにナビゲーションにお財布ケータイに機能は文句無し。

お値段のほうは、新スーパーボーナス分割で、月々880円の2年払いで21120円。
ポイント8000円分を引いて13120円。

さらに、商品券キャンペーンで10000円バックで、実質3120円。

おおっ!これも安いじゃん!

じゃあ、これにすれば?

いや〜、これも欲しくないんだよ。

なんでかっ!?

この機種のボタンは、なんだかすごく押し辛そう。

お店でモックをいじった感じは、「こりゃ、ダメだろ〜?」
文章打ちが多いので、打ちにくいのは困る。

ボタンが打ちやすかったら912Tに決まりだったのに。

ちょう残念!

じゃあ、とうすんだよっ!?

というところで、続きは次回に。
posted by たおぞ〜 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

次のケータイは 1

そろそろ新しいケータイが欲しい。

前のを買って、2年と4ヶ月くらい。
あ、ウチはSoftBankね。

現在の登録は、東芝の902T。
で、現在の機種は、同じく東芝の803Tで、
USIMカードを入れ替えて使ってる。

803Tは、仕事中もポケットの中に入れているので、擦れたりして結構ボロい。

で、2年以上経ったし、ポイントも8000円貯まってるので、そろそろ新しいのが欲しいな、と。

ちなみに、902T本体は、カメラの切替え不具合の修理に出したついでに外装交換もしてもらったので、新品同様の状態で保存されている。

じゃあ何故、新しいケータイを欲しがるのか?
それはね、まあ、いわゆるひとつの高機能電化製品と言いますか。

今の携帯電話って、電話の他にメール(文章を書ける)とか、デジカメにテレビとかミュージックプレーヤーが付いて、あとナビゲーションとか、とにかくモバイルとしてかなり発展してるでしょ。

自分の希望って言うか、理想は、解約済みのUSIMカードを刺して、ワンセグとかミュージックプレーヤーとかスケジュール管理とか、携帯電話とは別に持ち歩いて使えれば嬉しい、かな。

本当言うなら、携帯電話よりPDAが欲しいんだけど、経済的な事情で断念。

あ、そうそう。私は東芝信者です。
モバイルルポの文字入力がお気に入り。
シャープは機械の性能は良いけど、東芝に慣れたら文字入力が不満。

で、今、欲しい機種は、いろいろな条件を考えると912Tのみ。
しかし、それも微妙。

「のみ」とか「微妙」ってなんじゃい?って感じだけど、そうなんだから仕方ない。

あと実は、自分は高機能は好きだけど、高機能は必要としてないのだ。

次は、その辺をいろいろ書くぜ。



次のケータイは 2
http://bokonet.seesaa.net/article/83903887.html
に続きます。
posted by たおぞ〜 at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

オレの悩み事 その2(2007年2月25日)

さてどうなる?ウチの軽自動車。

8月に車検があるツディくんの運命はどうなるのか。
車検をとるのか、次の車を買うのか、それが問題。

基本的な話として、オートマ(以下、AT)はあまり欲しくない。
買うならマニュアル(以下、MT)が欲しい。

以下、考えられる選択肢。

●その1 ツディくん(MT)を8月に車検を取って、あと2年乗る

この場合、車検代と修理代、あとタイヤとか買わなければならないので、かかる金額は、15万円までいかないくらいかな。

今のツディくんは3ドアのバンタイプなので、
乗り降りが辛く、後部座席が狭い。

●その2 MTのトゥディ4ドア(中古)を買う

トゥディが生産中止になったのは結構前の事なので安く買えると思う。
コミコミで30万円以下くらい?

4ドアなので乗り降りは楽ではあるけど、
後部座席は、今のツディくんに毛が生えた程度。

●その3 MTの旧ライフ(中古)を買う

この型もモデルチェンジして数年経ってるので、ある程度安いと思う。
価格はコミコミ50万円以下?

トゥディよりも屋根が高いので乗り降りは楽。
広さは・・・、どうだろ?
トゥディよりも頭に余裕がある分、居住性は良いかな。

でも、トゥディより車重があるので、動力性能は低い。
運転する楽しさは、トゥディに軍配が上がる。

●その4 新車ライフ購入

ちょっと、いや、かなり無理して新車(!)にする。
トゥディ、旧ライフよりボディも大きく、室内も広い。
やっぱり新車はイイよね。
値段はコミコミで、100万円を少し出るくらい。

ただ致命的なのが、今の型のライフにはATしか設定がない事。
MTが選べないんだよ。

実際のところ、オレには、いまいち食指が動かない。

でも、長く乗るには新車という選択もアリかな?と。
もしかしたら、新車を買って最低10年乗るのが一番お得なのかも。

オレ個人の希望は、今のツディくんの車検を取るか、
または、4ドアのトゥディ(MT)に乗り替える。

要するに、運転の楽しみ>居住性の高さ

まろんちゃんは逆なんだよな。

運転の楽しみ<居住性の高さ

なんだよ。

オレは言い張るつもりもないし、言いなりになるつもりもない。

さあ、どうしよう。
posted by たおぞ〜 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

オレの悩み事(2007年2月21日)

ツデイくんとのお別れが近いのです。

次の車検は今年の8月。
その時、車検を取るか取らぬか。

オレとしては、車検を取って修理代をかけても、
再起不能に朽ち果てるまで末永く乗りたいのだが。

子供達がデカくなってきてるので、
今のツデイくんは、はっきり言って狭い。

そこで4ドアのツディに乗り換えようと思った。
ディーラーに行って、4ドアツディの実車を見せてもらった。

それでも狭かった。

今は良くても中学生くらいになったら
やっぱりもっと広い車にしてた方が良かった
なんて事になりそうで、どうも買う気になれないんだよね。

先日のロングドライブでツディくんに惚れ直してしまい、
正直、手放すのが惜しくなってしまった。

さあ、どうしよう。
はげしく悩む。
posted by たおぞ〜 at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

面倒臭い?トイレ編(2007年1月17日)

最近、トイレに行くのが面倒臭い。

あ、しょうのほうです。
だいは我慢せずにすぐ行きますよ。

なんつうの?
貯めてから行った方が効率が良いと言うか。

そんな事考えてるワケじゃないけど、
強いて考えるとすれば、そんな感じ。

まだ行かなくてもイイかな?って気になってくる。

トイレ行かずに、台所にリンゴむきに行ってたりしてるし。

タバコ吸いたくなったら、換気扇の下でタバコ吸ってる。

で、今は、そのリンゴ食べながらコレ書いてます。

結構、普通に我慢してる。
何故かはワカランけど、我慢できるもんなんだね。

いや、我慢してるつもりもないんだけど。

今日はPM7:00に帰ってきてから、
まだ1回もトイレに行ってないぞ。

どうだスゴイだろ。えっへん。

自慢になるとは思えないけど。
自分でもおかしいと思うんだけど。(^^;)

なにかの病気だろうか。

posted by たおぞ〜 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

クラウンを洗車しましたが?(2007年1月14日)

正月に倉運くんの洗車をした。

水垢とりカーシャンプーで洗った後、
前に買ったフッ素コーティングなんとかをぶっかけて拭いた。

ウチに来てから半月くらい放置して薄汚れていたので、
それはまあ綺麗になったこと。

やっぱり、綺麗な車は気持ち良いね。

元々、オレは車好きだからさ。
洗車はイヤじゃないんです。

洗車って、結構、面白いんですよ。

まず車が綺麗になるのは当然。
そして、塗装の状態が解る。

洗車傷や、普段の使用でできた小傷とか擦り傷。
今まで大事にされていた車かどうか。

さらに事故歴なども。
まあ、事故歴という表現はアレだけど。
小さな事故かもしれないし、
エアバックが作動するくらいの大事故なら廃車コースかもしれないし。
自爆事故もあれば、相手からぶつけられた事故かもしれないし。

まあ、板金とか部品交換の形跡は解っちゃうね。
でも、金かけて綺麗に修理されている事故車になると見分けが付かないかも。

あと、前オーナーの乗り方も解るゾ。
例えば、フロント回りに飛び石傷が多ければ、
車間距離をあまりとらない運転だったとかね。

それイコール、前車を煽りまくっていたかも?とか。
そうなると、前オーナーの性格も解ってしまう?

でもこれは、ちと極端な話かな。(笑)

でもあながち間違いではない部分もあるんだよな。

で、解るからどうだと言うと、

例えば、中古車を買う時にその車を洗車してみれば、
その車のある程度の事は解るかも。
でも、車屋さんは嫌がるかもね。

んで、正月に綺麗になったウチの倉運くんは?

その後の雨風にさらされて、今日になって見てみたら、
また汚くなってました。あらら・・・。(^_^;

青空駐車場なので、しようがないんだけどね。

また頑張って洗車しよう。

ツディくん?

ツディくんは、ボディ色がシルバーで、
汚れが目立たないので完全放置です。(T_T)

posted by たおぞ〜 at 23:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

さて、あれから1年経った(2006年11月23日)

今日は勤労感謝の日だったので、会社は休みだった。
勤労に感謝しなければならないので、祝日なのだろうか。

DVDレコーダーを買って1年経った。
去年の昨日、平成17年11月22日に買った。
別に保証書を見直したわけでも、去年の家計簿を見たわけでもない。

平成17年11月22日は、忘れられない事件があった日だから。
でも、まだ書かない。
今の会社を辞めたら書こうと思う。

あ、オレがどうこうした話とは違うから大丈夫。

まあなんだ、1年って本当に速いよな。
子供の頃は、今と比べて時間の経つのが遅かった。

1秒、1分、そして1日という時間は変わるわけないのに、
歳をとるごとに時の経つのが速く感じるのは何故だろう。

もっと歳をとって年寄りになったら、さらに速く感じるのだろうか。
今、自分は忙しいから時間の経つのが速く感じるのかな?とも思う。

例えば、60歳で定年退職して、仕事もしないで
のんびり過ごすとしたら時間はゆっくり流れるように感じるのだろうか。

じゃあ、ごっち犬は?

仕事があるわけではなし、日中は家でずっと寝てるわけだ。
果たして彼にとって、1日という時間は長く感じるのだろうか。

そしてさらに、犬の寿命は15年くらいだと言われているが、
この犬にとっての15年という時間は、
犬と人間で感じ方は違うのではないだろうか。

と言っても、ごっち犬は日本語を話せないので知る良しもないが。
いや、人間が犬語を話せないという言い方も出来るのか?

オレもそろそろ、人生の折り返し地点だし、
人生とは何か?なんて考え始めるのは、
本格的にジジイになってきたという事なのだろうか。
posted by たおぞ〜 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

人生って

高校を卒業して、一番最初に就職した会社の先輩の夢を見た。

高校を卒業したオレは、県外の某大企業に就職した。

知名度は世界規模。
今でもその会社のCMはゴールデンタイムにバンバン放送されてる。

今、この文章を読んでいる貴方も、
もしかしたらその会社の商品を所有しているかもしれない。
それほど大きな会社。

地方から来た年端もいかぬ全くの世間知らずなオレに、
とても良くしてくれたその先輩。
今でも感謝している人だ。

結果として、その会社は退職してしまったのだが、
その会社を辞めれば、当然、その先輩とお別れになる。
その事だけが心残りで、夜、布団に入りながら、
暗闇の中、その天井を見つめ悩んだのは、今でも忘れる事が出来ない。

会社を辞めれば赤の他人になるのが普通だが、
2年足らずで会社辞めて地元に帰るこんなオレに、
「落ち着いたら連絡しろよ」と言ってくれた。

恩知らずな事に、1回連絡したきりで、
その後は全く連絡せずに現在に至る。

何故、今ごろになってそんな夢を見るのだろうか。
理由は解っている。

先日のグーグルマップで、その会社を航空写真で見た。
航空写真で見れば一目でわかるほどその会社は巨大で、そして圧倒される。

それであの時の記憶が鮮明に甦って来たんだ。

あの先輩は今、どうしているんだろう。
元気に変わりないだろうか。

もしあの会社を辞めなければ、オレは今ごろどうしていたんだろう。

仕事は決して楽では無かったけど、
福利厚生もしっかりしていて、将来の不安も感じることなく、
少なくても金の心配をする事は無かっただろう。

あの会社を辞めたオレは、生まれ育った地元に戻り、
結婚して家族を持ち、今こうしてみんなで暮らしている。

あの時の「辞める」という決断が正しかったのかは、今になっても解らない。

でも、その決断がオレの人生の分岐点だったのは間違いなかっただろう。

その結果、今、子供達がこの世に生まれ、
家族みんなで生活しているのも、あの時の決断による結果だし、
今、こうしてこの文章を書いているのも、また同じく。

人間、誰もが先の事はわからない。

それが人生の面白いところと言う人もいるけど、
オレは、全く面白くない。不安であり怖い事にしか思えない。

では、どうやって生きていけは良いのだろう。
そんな事をいくら考えても答えが出るわけないのは知っている。

でも、オレは考えずにはいられない。
posted by たおぞ〜 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

今日、駅に行って来た。
ボーイスカウトのキャンプから帰って来る太郎のお迎えなんだけどね。

普段は車ばかりで電車はあまり使わないオレは、
なんだか物珍しい気分になってしまった。

こんな地方都市の駅にも自動改札機なんかあるんだ、とか。
昔は切符をハサミでシャキンとかいわしていたのに、
時代は代るものだなあと感心してしまった。

駅員さんて、お給料、どのくらいもらえるんだろうとか。

まあ、オレより少ない事ないだろうな。

オレだって、多分、人並みには貰ってると思うんだけど。

まあ、なんだ。
いろいろな事がありすぎて、生活レベルは人並み以下。
これも一種のワーキングプアなのかしら?と考えてしまう。

そういえば、友達の弟がJRに勤めてたな、とか、
いろいろ思い出したりした。

彼の愛読書は、JR時刻表だったり、いわゆる鉄オタだった。
希望の就職先は、もちろんJR。

でも、適性検査の視力で引っ掛かり、落ちた。
メガネ用意して来年また受けて下さい、と言われたそうな。

そして、1年後に再挑戦。見事合格。
めでたくJRに入社した。
東京で電車の運転手をしてるらしい。

あれから十何年も経つんだなと、少し感傷的な気分だ。

オレだって最初の就職先は、希望の職種だったんだよな。
皆さん誰もが知ってる、某大手企業。

あのまま辞めずに勤めてれば、少なくても金で困る事はなかっただろう。

気が付いたら、こんななってしまった。
いまさらもう遅いが。

人生は魔物です・・・。
posted by たおぞ〜 at 00:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

お土産なら

中国のお土産の話なんだけど、

会社で留守番してた女の子がいたわけですよ。

で、普通だったらお土産買って行きますよね。

でも、ボクは買わなかったのだ。

何故か。別に悪気があるわけでも無し。
まあ、めんどくさかったのはある。

そのうちに忘れてしまっていたわけ。

んで、出勤して、さあどうしよう。
となったわけ。

結局、青島ビール工場の試飲コーナーで貰った
ピーナッツが小袋に入ったやつ。それを2袋。

これ、もちろんタダ。
中身なんて、しょうもないのに喜んでくれて、
逆にこっちが恐縮してしまった次第です。

でね、思うんだけど、
お土産って、こういうのもアリなんじゃないかなって。
もしかしたら、こういうのが本来の意味かもよ。

ビール工場に見学に行って、ビール工場に関係した物だもんね。

例えば、中国と言えば、なんだろう。

では、仮にパンダとして、

パンダを見てないのにパンダチョコ、ってのもおかしいでしょ。

あと、お茶か?

他の人で、お茶を試飲して買ったらしいけど、

家で飲んだら、全然違う物だったらしい。

さすが中国!

かどうかはおいといて、

やっぱり、これも違うよね。(強引?)

まー、なんだかって言うと、
お土産の目的は、その土地に関係した物で、
その土地の気分を味わって貰おうと言うこと、かな。

さらに、なんだかって言うと、
結果オーライの、オレのお土産を正当化してみたわけ。
posted by たおぞ〜 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする